公開日:|更新日:

在庫管理システムとは?なんでもQ&A

費用・料金体系は?

在庫管理システムはフルスクラッチ型・パッケージ型などのタイプ、運用会社や製品・サービスによってコストはピンキリ。導入にあたってもっとも気になる、費用・料金体系の質問にかんする解答を、解説を交えながら紹介していきます。

主な機能は?

在庫管理システムを導入しても、自社の課題を解決できる機能がなければ意味がありません。在庫管理システムには、どのような機能があり、どのように役立つのか。代表的な機能を取りあげていきます。

バーコードを導入するメリットは?

倉庫作業や在庫管理の作業には欠かせない、バーコード。在庫管理システムにおいてバーコードを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。在庫管理システム選びにおいても重要となる、バーコード導入について解説していきます。

iPadなどタブレットを活用した在庫管理とは?

iPadをはじめとしたタブレットも、いまや在庫管理の現場では欠かせないツールとなっています。在庫管理システムにおいて、具体的にどのようにタブレットを活用していくのかをチェックしていきましょう。

フリーロケーションによる在庫管理とは?

どの棚にどの商品を保管してもかまわない運用法である、フリーロケーション。効率的にスペースを活用できるフリーロケーションによる在庫管理について、より詳しく掘り下げていきます。

導入のメリット・デメリットは?

在庫管理システムを導入するメリットだけでなく、デメリットにはどのようなものがあるのかを解説。導入のプラス点に加え、マイナス点に理解しておくことは、システム導入で失敗するリスクを軽減することにつながります。

棚卸を最適化する方法は?

煩雑な作業でミスも起こりやすい、棚卸。棚卸の負担を軽くするために、在庫管理システムを導入するケースも多々あります。そんな棚卸を最適化する方法について、より詳しくみていきましょう。

余剰在庫・滞留在庫の原因と対策とは?

余剰在庫・滞留在庫の原因は、不十分な在庫管理です。これを解決するために有効なのは、在庫を適切になおかつ効率的に管理できる在庫管理システムの導入が有効であると言えるでしょう。

在庫管理システムとは?

どんなシステム?

在庫管理システムとは、簡単にいうと商品の在庫管理や入出庫状況の把握を行って、過不足にならないように適正な状態に保つシステムのことです。

顧客の多様なニーズにこたえるために多種類の商品を取り扱ったり、常に変動する在庫を把握したりするには多くの手間がかかりますし、人為的ミスも起こりやすくなります。

在庫管理システムを導入するメリットは?

一元管理することによって、リアルタイムで在庫をチェックすることができますので、どの倉庫にいくつ商品があるのか、どのくらいの入出庫あるかがわかります。人為的なミスなどで在庫が合わなくなるのを防ぐことが可能です。

返品された商品は状態を確認して再度販売するか判断する必要があるので、そのまま在庫にすることはできません。しかし、返品管理機能がついているタイプであれば、返品された商品をまとめて管理できます。

在庫管理システムにはどんなタイプがある?

在庫管理システムは大きく分けると「オンプレミス型」と「クラウド型」があります。

オンプレミス型とは?

オンプレミス型は、自社でサーバーやデータベースを用意して運用していく方法です。導入費はかかりますが、運用費は抑えることができます。

自社運営なので情報漏洩などのリスクは少ないですが、運用に関する知識やスキルをもった社員が管理しなければならないため、勉強などの費用もかかります。

自社に合わせてシステムをカスタマイズしたい場合や、オフラインで在庫管理したい場合などにおすすめです。

クラウド型とは?

クラウド型はブラウザーを利用するので、インターネット環境があればどこでも管理できます。

複数の場所からアクセスできるため、情報を共有したいケースに適していますが、外部にデータを保管するため、セキュリティ対策がしっかりしている在庫管理システムを選びましょう。

月額費はかかるものの導入費は控えめなので、初期費用を抑えたい、または小規模の企業で導入する場合にもおすすめです。

導入にあたっての注意点は?

費用対策効果

現時点での在庫を探したり記録したりする時間や、それにまつわる人件費などを明らかにして、在庫管理システムを導入した場合の導入費と運営費を比較しましょう。

自社の既存システムとの同期と連携

業種や規模によって異なりますが、既に導入しているシステムと情報を共有したり、連携を取ったりして、二重に作業が発生しないようにチェックしておきます。