公開日:|更新日:

在庫管理システムの導入事例

在庫管理システムを導入した事例について業種別にまとめています。

製造業界の事例

部品製造、板金製造など、製造業の在庫管理システム導入事例を紹介。課題背景、効果、在庫管理の考え方をまとめました。

アパレル業界の事例

レディースファッションの企画・製造・販売や、生服・ユニフォームなどの製造販売専門店の在庫管理システム導入事例を紹介しています。課題背景をはじめ、導入効果や在庫管理のポイントを解説。

通販・ネットショップ業界の事例

「スポーツ用品の店舗・ネット販売」「化粧品の対面・ネット販売」といった、通販・ネットショップ業界の在庫管理システム導入事例を解説。導入背景・効果などを紹介します。

小売業界の事例

コンビニエンスストアやドラッグストアなど、小売業界の在庫管理システム導入事例をまとめました。課題背景や効果ほか、在庫管理の考え方もまとめていますので参考にしてください。

医療・医薬品業界の事例

研究に使用する試薬・溶媒の在庫管理、歯科用材料の輸入・製造販売などの在庫管理システム導入事例を紹介。リアルな導入背景や効果をお伝えします。

自動車業界の事例

車検・塗装・販売業、自動車部品の生産業など、自動車業界に関する在庫管理システム導入事例を紹介しています。導入背景や効果、在庫管理の考え方などを参考にしてください。

食品業界の事例

麺・スープなど、ラーメン用食材の製造卸、液体調味料の開発・販売など、食品業界の在庫管理システム導入事例です。導入背景、公開、在庫管理の考え方を解説しています。

飲食店の事例

飲食店でも在庫管理システムを導入した企業はたくさんあります。飲食店は特に在庫管理を適切にしないと、食材の廃棄ロスにつながるからです。結果、利益にも反映されてしまいます。発注ミスを防ぐためにも在庫管理システムは必要です。

土木・建設業の事例

在庫管理システムは、土木・建設業でも助けになります。土木、建設業界の資材は人力では、棚卸しや在庫の数量確認さえ大変なほど重いものや数量が多いものもあるからです。在庫管理システムを導入し、情報を共有することで、現場の負担も軽くなりコミュニケーションもスムーズになります。

その他業界の事例

農業の事例

これまで、提携先の店舗からオーダーがあるたびに、店舗に足を運んで在庫状況を確認していたため、農作業の時間が削られるので非効率でした。

在庫管理システムを導入してからは、店舗の実在庫を確認できるので、農家側も店舗側も在庫の確認作業に時間を取られなくなりました。納品は雨の日など、農作業が少ない日に調整することもできます。

店舗と畑を行き来するには、着替えや積み込みなどの作業も増えます。農業は作業量が多い上に人手不足に陥りやすいため、在庫管理をスムーズにすることは作業効率を上げることにもつながります。

事例参照元:SmartMat公式(https://smartmat.jp/3161)

部品の卸売業の事例

商品の種類や数、取引先の件数が非常に多く、在庫などの問い合わせに対応業務に追われていました。また、同じ商品でも得意先によって単価や商品名が異なるので、在庫管理に携わる社員全員にそれらを周知させるのが大変な状況。入出荷作業や伝票管理などの業務においても作業や確認が多く、人を増やして対応するしかない状態でした。

在庫管理システムを導入したことで、入出荷などにかかる時間が少なくなったため、社員が早く帰れるように。他にも商品の場所を間違えることがなくなってミスが減り、受注から納品までの情報を全社員で共有できるようになりました。

サイズが小さく、形状が少しずつ異なる商品が多かったり、得意先によって入数や商品名を変えていたりする場合は、煩雑な作業や増えてミスが起こりやすくなることもあります。社員数が多い会社では、情報を一元化することで他の部署との連携がスムーズになります。

事例参照元:アラジンオフィス公式(https://aladdin-office.com/zaiko/case/)

運送業の事例

これまではExcelを用いて1つ1つ在庫管理していました。しかし全て手入力のため、入力ミスのリスクや修正作業に伴う労働時間の増加などが課題で受注を見逃すケースもありました。

さらに大手企業の重要保安部品に関する新規受注を受け、先入先出とトレーサビリティ可能な環境構築が求められるようになったことをきっかけに、在庫管理システムを導入。

在庫管理システムの導入後は、トレーサビリティもスムーズに行え効率的な在庫管理を実現でき、置き場の縮小につながっています。導入初期は初めて触れるシステムということもあり操作に手間取ることもありましたが、トラブルも特にありませんし誰でも扱えるようになっています。不明点はサポートセンターへ問い合わせれば対処してもらえるのも嬉しいポイントです。

参照元:株式会社アトムエンジニアリング公式サイト

在庫管理にAIを活用した事例

人間のような知能と自律性を持つ人工知能「AI」は、在庫管理業務においても活用されています。在庫管理にAIを活用することで、高精度な需要予測やマテハン機器の最適化を実現し、適正な在庫管理を行うことが目的です。

在庫管理システム失敗導入事例

在庫管理システムの導入で失敗しがちなのは調査不足です。在庫管理システムの一面だけを見て、業種や自社の基幹システムとの相性、現場や関連業者との連携が取りづらいなど多数の問題が発生しかねません。在庫管理システムの特徴を把握した上で導入を検討したほうがいいでしょう。