公開日: |更新日:

医療・医薬品

薬剤や薬品などを取り扱う、医療・医薬品業界における在庫管理システムの導入事例を解説します。

CASE1.研究に使用する試薬・溶媒の在庫管理

研究に使用する試薬・溶媒の在庫管理の導入事例を紹介します。

事例参照元:在庫スイートクラウド公式(https://infusion.co.jp/zsc/jireinavi/jitsubo/)

導入背景(課題)

以前はエクセルに在庫を記入して管理するようにしていましたが忙しくて手が回らず、実際は研究員の記憶や目視で行っている状態でした。しかし、点数が多い上に保管部屋が複数あったことから見落としが起こり、高額な薬品も保管しているため管理体制を見直すことになりました。

また、在庫管理がきちんとできていなかったことで、気が付かないうちに別の部署が試薬などを使用してしまい、必要な薬品が足りない事態に陥ったこともあります。

導入効果

入荷時にバーコードを発行して薬品を管理するようになり、開封時や残量が少なくなった時などにバーコードで読み込むようにしました。これにより、誰でも薬品の残量や在庫を確認できるようになり、発注ミスや漏れがゼロに。

研究でトラブルが起こった場合でも、どの薬品を使用したのか履歴を確認できるようになったので便利になりました。

事業における在庫管理の考え方

薬品には使用期限が設定されているものが多く、気づかないうちに在庫がなくなっていると研究に支障が出てしまいます。安心して研究するためにも在庫管理は大切です。

CASE2.歯科用材料の輸入・製造販売

歯科用材料の輸入・製造販売の導入事例を紹介します。

事例参照元:楽商公式(https://www.rakusyo.jp/casestudy/j-pentron/)

導入背景(課題)

薬事法の改正に伴って、製品の製造・入出荷情報を詳細に管理しなければならなくなり、自社にあった在庫管理ができるシステムを探すことになりました。

導入効果

業務と並行しながらの導入作業は大変でしたが、他社に先駆けて法改正に対応できたため、業界内では話題になりました。導入前よりも正確に在庫管理が行えるようになり、棚卸で数や金額が合わなくなることもなくなったそうです。また、欠品もなくなったので安心感もあります。

事業における在庫管理の考え方

在庫管理をシステムに任せることで、少ない手間で済むようになりました。これによって取り扱う商品を増やしたり、患者さんの役に立つ製品の開発意欲につながったりしています。

在庫管理システム選びで失敗しないためには、ビジネスや現場の課題に合わせて選ぶべきです。トップページで種類別に詳しく解説していますので、参考にしてください。