公開日:|更新日:

【目的別】在庫管理システムの種類と特徴

有形の商品を扱う会社には欠かせない在庫管理の負担を軽減できる在庫管理システム。この記事では目的別に紹介します。

クラウド型

クラウド型在庫管理システムの特徴について解説します。在庫管理システムを一部取りあげるとともに、クラウド型の選び方についても紹介していきます。

オンプレミス型

自社で物理サーバや専用機器などを構築するオンプレミス型の在庫管理システム。製品の名称や特徴、さらにオンプレミス型の在庫管理システムの選び方などを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

パッケージ型

パッケージ型在庫管理システムの特徴について解説します。在庫管理システムを一部取りあげるとともに、パッケージ型の選び方についても紹介していきます。

ソースを利用できる

ソースを利用することができる在庫管理システムの特徴について解説します。在庫管理システムを一部取りあげるとともに、失敗しない選び方についても紹介していきます。

小規模倉庫向け

小規模倉庫向けの在庫管理システムの特徴について解説します。在庫管理システムを一部取りあげるとともに、小規模倉庫向けシステムの選び方についても紹介していきます。

初期導入費が安い

初期導入費の安さに特徴のある在庫管理システムについて解説します。在庫管理システムを一部取りあげるとともに、初期導入費の安いシステムの選び方についても紹介していきます。

在庫管理システムの選び方

課題を明確にする

在庫管理システムを選ぶには、まず自社の在庫管理にまつわる課題をはっきりさせる必要があります。販売管理が苦手なのか、人件費などの費用が掛かりすぎているのかなどを明確にして、その課題に合わせて目的を決めていきましょう。

業種に合った管理方法を選ぶ

有形の商品を扱っている業種は数多くあります。例えば食品製造業やネット通販業、部品などを製造するメーカーには、それぞれ適した在庫管理方法がありますので、業種に合ったものを選び、自社にとって最適なものを選ぶことが大切です。

費用対効果を考える

運営会社が管理するサーバー(ネット上)で在庫情報を管理するクラウド型は、初期費用などのコストが低めのものが多く、比較的導入しやすくなっています。運営会社によってアップデートされていくので常に最新のものを利用することも可能です。

入力機器を確認する

パソコンがあればシステムの導入できますが、対応端末は各社によって異なります。例えば「スマートフォンに対応可能」となっていても、iPhoneには対応していても androidは非対応であることも考えられます。