公開日: |更新日:

アパレル

商品数が多く流行や季節による変動も大きいアパレル業界で、在庫管理システムを導入した事例について解説します。

CASE1.レディースファッションの企画・製造・販売

レディースファッションの企画・製造・販売の導入事例を紹介します。

事例参照元:アトムエンジニアリング公式(https://www.atm-net.co.jp/case/zaikokanri/zaikokanri04.html)

導入背景(課題)

以前は商品の在庫数は台帳に記入するかエクセルに入力していましたが、記入漏れが多くありました。
受注数も台帳で管理していましたが、電話で確認を取る必要があったのでどうしても時間がかかってしまいます。また、目次の更新もしなければならないため、それにも手間を取られていました。

導入効果

会社からでも、倉庫からでも台帳照会ができるようになり、生産や入荷、受注の確認が可能なので社員からは「楽になった」と好評です。また、目次更新をしなくても、システムに入力するだけで様々な情報が更新されるので確認しやすくなりました。

事業における在庫管理の考え方

デザインや色、サイズごとに分類される洋服は、商品点数が多くあります。季節に合わせて商品を入れ替えたり価格を変えたりしなければならないので、これらの要因が在庫管理を難しくしていました。その変動にも対応できるシステムなら業務の負担が軽くすることができます。

CASE2.学生服・ユニフォームなどの製造販売専門店

学生服・ユニフォームなどの製造販売専門店の導入事例を説明します。

事例参照元:インネット公式(https://www.ats-innet.com/case/post-1/)

導入背景(課題)

採寸したサイズを手書きで入力していたため、ミスが多く時間がかかっていました。入学式までに納品しなければならないのに、複数の店舗から集めた情報を集計する作業をこなさなければ生産量が決められない。そのため、残業になることが多くありました。

また、ファッション業界に多い返品についても、在庫管理システムで対応可能です。

導入効果

採寸情報を自動的に読み取れるようにしたので、確認するだけで良くなりました。各店舗からパソコンで採寸情報を入力すると、在庫管理システムが自動的に反映するので集計作業がスムーズになりました。

事業における在庫管理の考え方

短期間で多くの制服を納品しなければならないため、時間の制約の中での業務となります。複数の店舗の情報を正確に集めて共有できる在庫管理システムであれば、残業などの社員への負担が少なくなるのです。

在庫管理システム選びで失敗しないためには、ビジネスや現場の課題に合わせて選ぶべきです。トップページで種類別に詳しく解説していますので、参考にしてください。