公開日: |更新日:

BCPOS(株式会社ビジコム)

このページでは株式会社ビジコムが提供している在庫管理システム「BCPOS」について、製品の特徴や機能、料金プランなどをまとめて紹介しています。

BCPOSの特徴

WindowsOS用のクラウド連動型POSシステム

株式会社ビジコムが提供している「BCPOS」は、WindowsOSに対応したPOSレジやスマートメディア(WindowsOS)などを対象としたクラウド連動型POSシステムです。システムに適合するPOSレジやタブレットなどがあれば即座に導入できるうえに、専用の在庫管理システムとも連動しています。

普段のレジやパソコン、スマートタブレットなどを操作する感覚で在庫管理システムを使用できるため、これまでシステムを導入したことのなかった企業や店舗であっても、スムーズに導入できるでしょう。

またBCPOSは既存の複数の在庫管理システムと互換性があります。BCPOSを導入しながらすでに使っていた在庫管理システムを使い続けられることもポイントです。

複数のネットショップに自動で対応

楽天市場やYahoo!ショッピングなど、複数のECサイトやネットショップ、オンラインモールに対応しています。また在庫管理を一元管理して、店舗間の在庫状況を自動で更新できることも特徴です。

在庫管理システムとしてはASP(クラウド)で運用されるため、インターネット環境さえあれば複数の拠点から在庫管理できる点も、BCPOSの強みだと言えるでしょう。

なお在庫管理システムとして使用する場合、指定のサーバ(zaiko Robot、ネクストエンジン)へ登録して設定する必要があります。

BCPOSユーザー限定のハンディターミナル

BCPOSを導入しているユーザーに対して、専用のハンディターミナル(レンタル)も用意されています。

レンタル料金は1台5,000円から。BCPOSが導入されている機器であればすぐに連動させられるため、環境整備に関するコストを削減したり、仕入・在庫・入庫・出庫処理・棚卸などの業務を効率化できます。

提供形態

クラウド/オンプレミス

BCPOSの口コミ・評判

普段のパソコン操作の延長で使えて便利

PCPOSなので、パソコンを扱うのと同じ感覚でPOSを操作できるためスタッフの飲み込みも早く、また営業中でもPOSを起動したままインターネットやExcelで作業を行うことができ非常に便利

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/precedent/?p=257)

お客様対応も落ち着いてできるようになった

通常は免税販売を行う際、一般物品が「1万1円以上~上限額なし」、消耗品が「5,001円以上~50万円まで」という品目および金額の分類が必要になりますが、「BCPOS」と連携すればこれらを気にせず会計を行うことができました。
「BCPOS」のレジ業務で免税対象となるかを自動的に判断してくれるので、必要に応じて小計画面に「免税」ボタンが表示されます。よって、とてもスピーディーで判断の手間が掛からないようになりました。
また、スタッフの負担も大幅に削減できたので、お客様への対応もより落ち着いて行ってもらっています。

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/precedent/?p=101)

商品ごとの情報収集にも役立つ

展開商品が細かく、全ての単品管理までには至っていませんが、何よりも大変助かっていますのが、リアルタイムでの売上状況や売れ筋商品の動向です。
画面を通して確認でき、当日の売上から月ごとの集計など、商品ごとの情報収集にも、大変役立っております。

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/precedent/?p=39)

販売活動がしやすくなった

新規購入者でもポイントカード発行やデータベース化が即時にできるため、販促活動がしやすくその効果が大きくなった。
休眠顧客への効果的な販促活動ができるようになり広告宣伝コストの削減が可能になった。

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/precedent/?p=134)

顧客管理機能を活用

BCPOSの時間帯別売上日報により、売上の高い曜日や時間帯を調べて、データに基づく販売機会にスタッフの不足が生じないようシフト管理などを行っている。
顧客管理機能を活用し、それまでに会員カードを登録上で《上様》や、名前・住所のないもの等の無効なデータが多くあった顧客情報の整理ができた。

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/precedent/?p=150)

問い合わせへのレスポンスが早かった

ビジコムに問合せを入れてからの営業レスポンスが早かった。導入コストにおいて、初期投資が無く低コストだった。
導入に当たっての運用方法など親身になって打合せをしてくれた。システムの本稼動まで3ヶ月という短期間しか準備期間が持てなかったが、全国70店舗への導入・稼動が出来た。
以前はエクセルシートなどに入力していたものが自動集計されるようになった。集計データを販売管理ソフトに連動して利用できるようになった。

引用元:株式会社ビジコム公式(https://www.bcpos.jp/pickup/?p=6)

プラン・費用

BCPOS利用料

  • BCPOSベーシックプラン:月額5,000円/1台
  • BCPOSスタンダードプラン:月額10,000円/1台
  • BCPOSダブルプラン:月額13,500円/1台
  • BCPOSトリプルプラン:月額16,000円/1台

※在庫管理システムのみとして使用する場合、指定のサーバ(zaiko Robot、ネクストエンジン)の設定費用や月額利用料などが必要。詳細は要問合せ。

システムデータ

  • 会社名/株式会社ビジコム
  • 住所/東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル8F
  • 設立/1986年3月

関連ページ

失敗しない在庫管理システム導入比較ガイド

在庫管理システムガイド
Smart通販(株式会社大塚商会)
リアルシス(リアルシス株式会社)
@WMS(富士通株式会社)
zaicoban(株式会社オークファン)
Goo2マネ(株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)
FA-CUBE(Smart mat)
Connected Linc(株式会社コネクテッド)
HARU(株式会社フォーサイト)
ネクストエンジン(Hamee株式会社)
ロジザードZERO(ロジザード株式会社)
W3 MIMOSA(株式会社ダイアログ)
USAC SYSTEM(Autoジョブ名人)(ユーザックシステム株式会社)
楽楽販売(株式会社ラスク)
Tana(Instoll株式会社)
棚番10(株式会社Rights)
在庫のすぱいす(ウェルコムデザイン株式会社)
Strawberry jam(イチゴクラウド)(Strawberry jams株式会社)
iwms(株式会社フレームワークス)
cloudsuite wms(インフォアジャパン株式会社)
楽商(株式会社日本システムテクノロジー)
弥生販売(弥生株式会社)
ONEsLOGI/WMS(日立物流ソフトウェア株式会社)
WMS for GRANDIT(インフォセンス)
ホンダロジコム(ホンダロジコム株式会社)
おまかせ物流39(株式会社マテハンソフト)
在庫express-web2(株式会社ユーテック)
webWins(webWins(日本通運))
ロジクラ(株式会社ニューレボ)
futurestage(株式会社日立システムズ)
倉庫管理システム「Locus Mapping」(RFルーカス株式会社)
GLOVIA きらら(富士通株式会社)
アシスト店長(株式会社ネットショップ支援室)
SMILE V 販売(株式会社大塚商会)
Odoo(Odoo S.A.)
Crossma(クロスマ)(株式会社リベルタ)
ゼータ(ゼータ株式会社)
クラウドトーマス(株式会社関通)
はじめての在庫管理(株式会社アイアールティー)
助ネコ(株式会社アクアリーフ)
アラジンオフィス(株式会社アイル)
通販する蔵(株式会社ソフテル)
販売王(ソリマチ株式会社)
在庫スイートクラウド(株式会社インフュージョン)
EXPLANNER(日本電気株式会社)
CAM-MACS(CAM MACS)
在庫らくだ(株式会社ビーエスエルシステム研究所)
マンハッタン・アソシエイツ(菱通ジャパン株式会社)
eee cloud(テービーテック株式会社)
在庫管理システム saso(日本標準機構)
iDempiere

機能とカスタマイズ性に注目 在庫管理システムの
おすすめ3選をチェック!