公開日: |更新日:

ロジザードZERO(ロジザード株式会社)

ここでは、おすすめの在庫管理システムのうち、「ロジザードZERO」について紹介していきましょう。

ロジザードZEROの特徴

サポートチームが365日バックアップ

ロジザードはサポートチームが365日対応してくれるので、在庫管理システムの導入がはじめて、ITやシステムに強い従業員がいない、というケースでも安心。操作の説明からシステムエラー、ハンディターミナルのトラブルまで、幅広くお悩みを解決してくれるスタッフが常に待機しているため、システムの運用に不安があっても心配ありません。

サポートチームは導入、稼働、運用ごとにユーザー担当とサポート専任チームがわかれており、それぞれのスペシャリストがわかりやすく丁寧にケアしてくれます。

また、東京・大阪を中心に、定期的に説明会や勉強会を開いているのもロジザードならでは。システム導入を検討している方向けだけでなく、現在、システムを運用している事業者に向けた勉強会・相談会も開催。初級・中級・上級・営業など、テーマ別に参加を選べるので、必要とするスキル・知識をピンポイントで吸収することができるでしょう。

豊富な実績で安心の運用

「ロジザードZERO」は、1,403現場(2021年9月30日時点)で稼働中と、導入実績も豊富。英語・中国語・タイ語・ベトナム語に対応しているため、日本国内だけでなく、中国や台湾、タイなど海外事業所への導入実績にも事欠きません。また、販売管理システムや会計システムなどとの連携にも実績があります。

元来、B to BだったWMSを、ユーザーからのニーズに応えてB to C機能を追加・改良するなど、常に顧客重視のスタイルを貫いている点も、ロジザードが支持されている理由のひとつです。

導入は最短で1か月(4週目)

導入のステップは、現場を確認しながらのヒアリングからスタート。カスタマイズの必要性の有無もあわせて、綿密に打ち合わせします。導入・発注を決めたら、1週目~2週目にかけて、「ロジザードZERO」との連携が必要となる上位システムマスタデータ・サンプルデータを提出。同時に担当のSEも同席し、システム設定に必要な情報をヒアリングし、運用フローを固めていきます。

2週目の半ばをめどに3週目まで、導入支援・テスト稼働へとステップアップ。マスタ登録や連携システムのデータ精査などをチェックし、問題なく運用できるかを綿密に確認します。問題なく運用できるようなら、4週目に現場で実際に操作・作業するスタッフに操作説明をする現地テスト支援に進みます。すべてクリアできたら、いよいよ本格稼働して運用開始です。

提供形態

クラウド

ロジザードZEROの導入事例

入出荷の検品精度が一気に向上

通販事業を営んでいる株式会社カンパネラでは、会社が成長して取引が多くなるにつれ、商品の誤出荷も増えており、商品管理の早急な体制改善が課題となっていました。そこで、ロジザードZEROの在庫管理システムを導入した結果、まず人の記憶に頼っていた商品管理がシステム化されることで、検品精度が急激に向上したそうです。また、フリーロケーション管理なので、入荷した商品の整理作業も簡単になりました。

荷主とのステム共有で業務の効率化に成功

物流倉庫を運営している株式会社ティービーエスでは、顧客ごとに業務フローがばらばらで非効率的な作業になってしまう環境を改善するために、ロジザードZEROを標準システムとして導入しています。また、それぞれの荷主にもロジザードZEROを導入してもらうことで、ロジスティクスの一貫管理が可能となり、誤出荷率が軽減し、サービスも向上したことで顧客との信頼関係が強化されたという点も重要でしょう。

安定した物流管理で顧客にアピール

株式会社シロロジは物流倉庫を管理している企業ですが、早くから通販物流案件を請け負っており、大量の入出荷を正確に行いながら、在庫切れなどを予防できる管理システムとして、ロジザードZEROを導入しています。当初はコスト面や運用面での不安もあったようですが、実際にシステムを導入したことで、顧客に対して良質な物流管理を行っているというアピールになり、営業成績もアップしたということでした。

安定して在庫管理を実現

BtoBアパレル事業を営んでいた株式会社アムロ。2019年に売上の大半を占めていたBtoB 案件がなくなってしまうことによりBtoCへの転換を決意し、準備を始めました。しかし何もかも初めての試みで、導入するシステムも決まらず…。色々と検討したなかで選んだのがロジザードZEROです。システム導入時の提案では丁寧な説明を受けられたおかげで、今ではシステムを十分に活用し事業の安定もしているそう。コストパフォーマンスの良さが大きな魅力。在庫のズレもなく丁寧なサポートによって在庫管理を行なえているようです。

効率化と営業の強化につながった

株式会社2020は株式会社T.S.Cというアパレル会社を母体に持つ物流会社です。カタログ通販の物流通販について相談を受けたことから物流部門のみを分社化し、現在のような運用形態が構築されました。しかし、分社化した後の運営で、既存のシステムが思うようにマッチしなかいことがあり、新たなシステムの導入を検討することに。そこで実績も多くフリーロケーションが魅力的だったロジザードZEROを採用したそうです。導入後は、商品管理が正確かつ効率的になったそう。また運用フローや方法が規模によって左右されないため、安定した運用にもつながっているとのことです。今ではロジザードZEROをベースに他社との協業が実現するほどになっています。

プラン・費用

プラン・費用は要問合せ。

システムデータ

  • 会社名/ロジザード 株式会社
  • 住所/東京都中央区日本橋人形町3-3-6 人形町ファーストビル4F
  • 設立/2001年

関連ページ

失敗しない在庫管理システム導入比較ガイド

在庫管理システムガイド
Smart通販(株式会社大塚商会)
ネクストエンジン(Hamee株式会社)
flam(株式会社フリップロジック)
楽楽販売(株式会社ラスク)
CROSS MALL(株式会社アイル)
LOGILESS(株式会社ロジレス)
助ネコ(株式会社アクアリーフ)
iDempiere
弥生販売(弥生株式会社)
W3 MIMOSA(株式会社ダイアログ)
GoQSystem(株式会社GoQSystem)
futurestage(株式会社日立システムズ)
Tana(Instoll株式会社)
iwms(株式会社フレームワークス)
KEY SO-CO(トヨタL&F)
倉庫革命(ヤマトシステム開発株式会社)
タテンポガイド(株式会社スマートソーシング)
はじめての在庫管理(株式会社アイアールティー)
FA-CUBE(Smart mat)
ExeQuint(株式会社センチュリーシステムズ)
ロジクラ(株式会社ニューレボ)
在庫らくだ(株式会社ビーエスエルシステム研究所)
zaicoban(株式会社オークファン)
インターストック(株式会社オンザリンクス)
おまかせ物流39(株式会社マテハンソフト)
オールイン(株式会社ビジネスバンクグループ)
ONEsLOGI/WMS(日立物流ソフトウェア株式会社)
マンハッタン・アソシエイツ(菱通ジャパン株式会社)
cloudsuite wms(インフォアジャパン株式会社)
みえぞう(株式会社ビッツ)
倉庫管理システム「BPFIO(ビーピーフィオ)」(北海道NSソリューションズ株式会社)
Tempostar(テンポスター)(NHN SAVAWAY株式会社)
eee cloud(テービーテック株式会社)
まとまるEC店長(株式会社ブランジスタソリューション)
Goo2マネ(株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)
ci himalayas(株式会社シーネット)
在庫express-web2(株式会社ユーテック)
楽商(株式会社日本システムテクノロジー)
クラウドトーマス(株式会社関通)
倉庫管理システム「Locus Mapping」(RFルーカス株式会社)
アラジンオフィス(株式会社アイル)
CAM-MACS(CAM MACS)
Strawberry jam(イチゴクラウド)(Strawberry jams株式会社)
Odoo(Odoo S.A.)
在庫のすぱいす(ウェルコムデザイン株式会社)
SmartMat Cloud((株)スマートショッピング)
在庫スイートクラウド(株式会社インフュージョン)
Crossma(クロスマ)(株式会社リベルタ)
HARU(株式会社フォーサイト)
ApaRevo(株式会社大塚商会)