公開日: |更新日:

GoQSystem(株式会社GoQSystem)

ここでは、在庫管理システム「GoQSystem」の特徴やサポート体制などを紹介しています。

GoQSystemの特徴

商品管理や受注管理を一元化するクラウドサービス

GoQSystemは、自社ECサイトを運営する「株式会社GoQSystem」が、自社にとって「あったらいいな」をベースとして開発したクラウド型の在庫管理システムです。通販業務に関してさまざまな作業を一元管理することが可能であり、商品情報や在庫の管理、受注・売上管理、さらに運用に関するサポートなどがまとめてパッケージされています。

2020年11月3日時点で利用社累計が24,080社となっており、全国で数多くの企業に導入されてきたという実績も見逃せません。

定額料金制で最低契約月数も3ヶ月から

GoQSystemではプランごとの月額料金制が採用されており、月額15,000円の受注管理プランから在庫管理システムを利用することが可能です。なお、受注管理プランでは商品数の上限がなく、商品マスター登録も不要なので、取り扱いアイテム数が豊富にある企業にとってもリーズナブルに使いやすいことは見逃せません。

なお、在庫管理や物流管理まで含めた上位プランも用意されており、事業規模や企業ニーズに合わせて活用法を検討することができます。

その他、追加で有料オプション機能も利用できるので、既定のプランを選択した上で、さらにユーザビリティを追求していけるカスタマイズ性も特徴です。

20日間の無料トライアル期間が設定されていることに加えて、最低契約月数も3ヶ月となっており、導入後に後悔しないよう取り組まれていることも重要です。

充実したサポート体制で土日祝日も対応

GoQSystemでは複数のサポート体制が構築されており、専任スタッフによる電話サポートはもちろん、AIチャットボットによる自動回答や、24時間365日受付のメールサポートなどを利用できます。

また、土日祝日などの休業日においても、公式LINEを活用した緊急対応サポートが提供されており、いざという時のトラブルでも迅速に対応してもらえることは魅力でしょう。

提供形態

クラウド

GoQSystemの導入事例

複数店舗・複数受注形態が一元化できた

複数店舗や複数モールで事業を展開していますが、それぞれの店舗で処理を行っていたため、業務に時間がかかること、データが一括管理できないことが課題でした。システムを導入してから業務の一括化に成功。受注も電話やFAX、ふるさと納税など、複数の形がありますが、全てを一元管理できます。特に繁忙期は助かりました。

参照元:GoQSystem公式サイト

自動処理でミス削減

これまではメール送信など、個別におこなっていましたが、一括処理できるようになり、作業効率がアップしました。自動処理を利用することで、効率だけではなく、ミスの削減も実現。画面が分かりやすく、細かい設定ができるので、便利に使えています。

参照元:GoQSystem公式サイト

顧客管理との連携で満足度が向上した

クリックポストや宅配便、メール便など拡張機能が増えて便利になりました。在庫との連携もできるので、受発注作業の効率がアップ。受注件数が増えても作業時間は増えないのが嬉しいです。また、顧客管理とも連携できて、お客様の問い合わせにも迅速に対応できるようになり、顧客満足度も上がりました。

参照元:GoQSystem公式サイト

クレーマーのような、要注意人物への対策にも

複数モールの受注を一元管理から、配送時に必要になる送り状の印刷データの一括入力、各種書類の印刷回数も無制限で、業務が円滑に進む機能に助かっています。それだけではなく、ランク機能と言って、顧客のランクや特筆事項などを記載可能。この機能が、クレーマーのような要注意人物の管理、対策に有用です。個々の作業での利便性が上がるため、トータルとして作業効率を向上させられています。

参照元:GoQSystem公式サイト

プラン・費用

  • 受注管理プラン:月額15,000円(初期費用30,000円)
  • 受注・在庫連携管理プラン:月額29,800円(初期費用40,000円)
  • 受注・商品・在庫連携管理プラン:月額44,800円(初期費用50,000円)
  • 受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン:月額64,800円(初期費用100,000円)

システムデータ

  • 会社名/株式会社GoQSystem
  • 住所/東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F
  • 設立/2009年2月25日

関連ページ

失敗しない在庫管理システム導入比較ガイド

在庫管理システムガイド
はじめての在庫管理(株式会社アイアールティー)
タテンポガイド(株式会社スマートソーシング)
GLOVIA きらら(富士通株式会社)
在庫らくだ(株式会社ビーエスエルシステム研究所)
まとまるEC店長(株式会社ブランジスタソリューション)
アラジンオフィス(株式会社アイル)
在庫スイートクラウド(株式会社インフュージョン)
みえぞう(株式会社ビッツ)
Smart通販(株式会社大塚商会)
おまかせ物流39(株式会社マテハンソフト)
eシェルパモール(株式会社スクロール360)
ExeQuint(株式会社センチュリーシステムズ)
ロジザードZERO(ロジザード株式会社)
Power Steel(株式会社OSK)
CROSS MALL(株式会社アイル)
速販UX(速販C2)(株式会社サイオ)
Goo2マネ(株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)
@WMS(富士通株式会社)
ZAICO(株式会社ZAICO)
販売王(ソリマチ株式会社)
弥生販売(弥生株式会社)
クラウドトーマス(株式会社関通)
HARU(株式会社フォーサイト)
助ネコ(株式会社アクアリーフ)
W3 MIMOSA(株式会社ダイアログ)
オールイン(株式会社ビジネスバンクグループ)
マンハッタン・アソシエイツ(菱通ジャパン株式会社)
棚番10(株式会社Rights)
eee cloud(テービーテック株式会社)
zaicoban(株式会社オークファン)
flam(株式会社フリップロジック)
ロジクラ(株式会社ニューレボ)
SMILE V 販売(株式会社大塚商会)
Tana(Instoll株式会社)
Connected Linc(株式会社コネクテッド)
在庫express-web2(株式会社ユーテック)
楽商(株式会社日本システムテクノロジー)
倉庫管理システム「Locus Mapping」(RFルーカス株式会社)
cloudsuite wms(インフォアジャパン株式会社)
CAM-MACS(CAM MACS)
SmartMat Cloud((株)スマートショッピング)
ユビレジ(株式会社ユビレジ)
EXPLANNER(日本電気株式会社)
楽楽販売(株式会社ラスク)
倉庫管理システム「BPFIO(ビーピーフィオ)」(北海道NSソリューションズ株式会社)
mylogi(株式会社mylogi)
KEY SO-CO(トヨタL&F)
FA-CUBE(Smart mat)
Crossma(クロスマ)(株式会社リベルタ)
通販する蔵(株式会社ソフテル)