公開日: |更新日:

通販・ネットショップ

ネット通販だけで事業を行っている会社もありますが、多くは複数の販売経路を持っています。そういった会社が在庫管理システムを導入した事例を解説します。

CASE1.スポーツ用品の店舗・ネット販売

スポーツ用品の店舗・ネット販売の導入事例を紹介します。

事例参照元:在庫スイートクラウド公式(https://infusion.co.jp/zsc/jireinavi/taguchisp/)

導入背景(課題)

業績が好調で、商品の場所を全て把握している社長が早朝出勤して作業していましたが、それも出荷が追い付かない状態でした。社員には在庫の場所がわからないので人に任せることもできません。
過去に出荷業務を委託していた時期もありましたが、在庫を複数個所で管理することになって在庫が過剰になってしまったため、改めて管理方法を見直すことになりました。

導入効果

導入後は社員から商品の場所を聞かれることはほとんどなくなり、スタッフに出荷作業を任せられるようになりました。社長の負担が大幅に減ったので、販売に力を注ぐことができるようになり、売り上げが伸びたそうです。

さらに、ピッキング作業にかかる時間が半分になって、ピッキング作業を担当するパートさんも雇いました。

事業における在庫管理の考え方

社長さんが自ら在庫管理を行っていたため、他の業務に使う時間が取れない状態でした。社員が在庫管理できるようになったことで、社長は他の業務に時間を使えるようになり、それが売り上げにもつながりました。

在庫管理を適切に行うことができれば、それぞれの仕事に集中できる環境を整えることにもなるのです。

CASE2.化粧品の対面・ネット販売

化粧品の対面・ネット販売の導入事例を紹介します。

事例参照元:在庫スイートクラウド公式(https://infusion.co.jp/zsc/jireinavi/bg/)

導入背景(課題)

ネット通販の注文が伸びているものの、物流面がそのスピードに見合っていない状態でした。倉庫の移転を機に外部委託をやめて、在庫管理システムを導入しました。

導入効果

導入前に比べ、約半分の社員で出荷しても2時間半も早く出荷を終えられるようになりました。また、注文当日に発送できる時間を3時間遅く設定して顧客の使いやすさに繋げています。

事業における在庫管理の考え方

在庫管理も大切な業務のうちの一つです。こちらの事例では、在庫管理に使っていた時間を配送サービスにいかすことで顧客の満足と売り上げの向上に努めているのです。

在庫管理システム選びで失敗しないためには、ビジネスや現場の課題に合わせて選ぶべきです。トップページで種類別に詳しく解説していますので、参考にしてください。