公開日: |更新日:

余剰在庫・滞留在庫の違いと在庫管理システムによる対策

余剰在庫と滞留在庫の違い

余剰在庫とは

在庫の中で、倉庫などに保管されているまだ売れる見込みのある在庫のことを余剰在庫と言います。在庫を圧迫するものであることは事実ですが、まだ商品として売れる見込みがあるので、ただちにリスクのある在庫となるわけではありません。

しかし、在庫として残っている以上売れないと利益を圧迫する要因となることに変わりはないので、可能な限り早く処理することが大切です。

滞留在庫とは

在庫の中でも、賞味期限間近であったりパッケージに損傷が見られたりするような、今後の売れる見込みのない在庫を滞留在庫と呼びます。

余剰在庫とは異なり、今後も在庫を圧迫し続けることが見えているので可能な限り早く業者に売却したり廃棄したりするなどの対処が必要です。

余剰在庫や滞留在庫がもたらすデメリット

キャッシュフローの悪化

商品は、仕入れただけで利益が出るわけではありません。仕入れ価格以上の価格で売ることで初めて利益を出すことができるのです。しかし、仕入れた商品が余剰在庫や滞留在庫になってしまうと、必然的に利益を出すことができなくなるので売上も出ず、仕入れに使ったお金を回収することもできなくなってしまいます。

コストの増加

在庫を抱えている状態にも、保管コスト・棚卸に必要な人件費・賃貸料・金利コストといったさまざまなコストが発生します。そして、在庫が増えれば増えるほどこれらのコストは大きくなっていくのです。

さらに、在庫は法人税や都道府県税の課税対象にもなります。そのため、在庫が増加した状態が長期間に渡って続くと、税金の額も大きくなってしまうのです。

余剰在庫や滞留在庫発生の原因

余剰在庫や滞留在庫発生の原因として挙げられるのは、過剰な仕入れがあります。実際に売れる見込みのある数量を大幅に超えた商品の発注や製造をおこなってしまうことは、在庫が増える原因の代表的なものです。

また、在庫管理や在庫量の把握が不十分なことも在庫が増える原因です。在庫管理が十分でないと現在の在庫量を把握しないまま商品を発注してしまい、在庫が増えてしまうのです。

余剰在庫や滞留在庫対策としての在庫管理システム

余剰在庫・滞留在庫対策として有効なのが在庫管理システムです。余剰在庫や滞留在庫をなくすためには適切な在庫管理が必要となります。しかし、それには過去の発注量・市場の状況・シーズン・天気などから正確な需要予測を行わなければいけません。この作業を人力でやろうとすると、膨大な労力が必要となります。

しかし、精度が高い在庫管理システムを利用することで、これらの労力を大きく削減できると同時に効率的な在庫管理が可能となるのです。近年の企業にはAIを用いた需要予測を可能としている在庫管理システムを利用しているところもあります。