公開日: |更新日:

バーコードを導入するメリットは?

在庫管理にバーコードが使われている例はよく見られます。この記事では、バーコードを利用するメリットやバーコードを読み取るハンディターミナルの選び方、在庫管理の方法について解説します。

バーコードを利用するメリット

商品の在庫管理には正確性が求められます。入出庫や販売、返品などで常に変動している在庫の流れを把握するにはリアルタイム性も重要です。

バーコードは、白い部分と黒い部分の組み合わせによって情報を表示しています。バーコードを導入するメリットは、作業の効率化と人為的なミスの低減です。

手書きで在庫数を記録すると数え間違いや記入ミスなどが起こりますが、バーコードは読み取るだけで様々な情報を取り込めるので、ミスが起こりにくくなります。

また、常に変動する数字を人の手と目で確認するよりも、リアルタイム方式で在庫の変動に対応できたほうが効率的ですし、在庫が合わなくなることも防ぐことにも繋がります。

在庫のチェックを複数人で数時間かけて行っていたケースでも、大幅な時間短縮になりますし、エクセルなどに入力する手間と時間も省くことができます。

ハンディターミナルの選び方

バーコードを読み取るのに欠かせない機器であるハンディターミナルを選ぶ際にはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

頑丈さとバッテリー

作業中に誤って床に落としてしまうと壊れることがありますし、バッテリーのもちが悪いと電池交換のコストや手間も余計にかかります。頑丈さと稼働可能な時間も確認しておきましょう。

読み取りスピード

多くの商品を読み取る場合は特に、読み取りスピードが速いほうが作業も早くなります。

アフターフォロー

トラブルがあった時に代替機を貸してくれるところなら、読み取り作業の遅れを少なくすることが可能です。

バーコードを使った在庫管理方法

バーコードを利用するには、商品の品目コード設定した上で、パソコンにその情報を登録(マスター登録)する必要があります。

次に、商品にバーコードを張り付けるか、商品の保管場所にバーコードを用意して、ハンディターミナルで読み取ります。

バーコードで読み取った情報を在庫管理システムと連動できるようにあらかじめ設定しておけば、在庫管理システムからデータを利用することもできます。

在庫管理システム選びで失敗しないための方法は、トップページで詳しく解説しています。参考にしてください。