公開日: |更新日:

SmartMat Cloud((株)スマートショッピング)

スマートショッピングが提供しているクラウド型在庫管理システム「SmartMat Cloud」について、システムの特徴や機能を詳しく解説します。

SmartMat Cloudの特徴

様々な業種に対応可能な在庫管理システムとスマートマット

クラウド型の在庫管理システム「SmartMat Cloud」は、スマートショッピングが提供している在庫管理ツール「スマートマット」と連携して、在庫状況の各種データをクラウドで管理できるサービスです。製造業や卸業、物流業といった業種だけでなく、オフィス業務や医療業務など、さまざまな業種に対応していることが特徴です。

インターネット経由でクラウドへデータを保存できるので、スマートマットのほかに専用機器や特殊環境を用意する必要がなく、スムーズに在庫管理システムを導入しやすいことも魅力といえるでしょう。

在庫管理をゼロクリックで行える自動管理機能

SmartMat Cloudによる在庫管理の流れは、A3~A5サイズの計測器であるスマートマットの上に製品を載せることで、重量変化を検知して在庫の減少を管理するというものになります。事前に対象商品の重量をスマートマットへ記録させておくことで、自動的に在庫変化をデータ化してくれるため、在庫状況を確認するためにスタッフが特別な作業を行う必要がありません。

スマートマットは1~100g単位での計測が可能になっているので、固形物だけでなくさまざまな液体の残量確認にも活用できるほか、複数台のスマートマットを併用すれば1tの商品重量も計測できるため、多種多様な業種の在庫管理へ応用可能です。

在庫管理だけでなく消耗品の自動発注にも対応

スマートマットで自動的に残量を検知して、そのデータをクラウドに保存できるだけでなく、在庫量があらかじめ設定しておいた基準値を下回った場合に、自動的に発注処理を進められる点も見逃せません。

発注方法もメールやFAX、Amazonなどと連携したWEB発注に対応しているほか、タイミングや発注量も好みに合わせてカスタマイズできます。

SmartMat Cloudの機能

在庫

入出庫履歴機能

 

在庫量の変動に基づき入出庫のデータを確認できます。日次・週次・月次のレポート出力をはじめ、CSVダウンロードでの他のシステム連携についても標準装備です。現場での作業を短縮でき、バーコードスキャンも必要ありません。面倒な入出庫の作業をシステム化できるでしょう。

マルチマット機能

A3サイズを超える在庫に関しては、独自で開発したマルチマット機能が便利でしょう。110㎝×110㎝の物流パレットや工場内のコンテナなどで活用可能です。在庫の下に敷くだけなので、手間もかかりません。

グラフ表示機能

管理している在庫の量の推移をグラフで確認できます。グラフのデータはCSVで出力でき、消費のスピードの確認や適正な在庫数の分析・検討にも利用可能です。

タグ機能

在庫やスマートマットのデバイスに対し、タグという補足の情報をつけることができます。在庫の設置場所・担当者・仕入れ先などの情報もまとめて登録可能です。

計測頻度の指定

SmartMat Cloudでは管理品目ごとに、計測するタイミングや計測の頻度を設定できます。また計測するタイミングや計測の頻度は、管理画面から変更可能。

発注

最低発注金額機能

仕入れ先ごとに最低発注金額を設定でき、設定金額に満たない場合には発注を自動で停止できます。送料対策や発注完全自動化が可能です。手作業での負担が軽減でき、送料コストの無駄を削減、管理対象の拡大による在庫管理一元化などのメリットがあるでしょう。

単価設定機能

在庫の単価・発注の単価の設定ができ、残量に合わせた在庫の総額や発注数に応じた発注金額が自動で計算できます。

SmartMat Cloudの導入事例

資材管理を大幅に効率化

菓子製造やお弁当などの製造販売を手掛けている「harapecolab」では、お菓子の乾燥剤やグラシンカップなど、さまざまな備品や資材を人の手で一つひとつ管理していました。しかし、毎週1,000単位の在庫管理を行っていると、数え間違いのミスを誘発するリスクがあったことから、「SmartMat Cloud」を導入。SmartMat Cloudの導入後は、重量でも在庫管理を行えることから相性もよく、資材の在庫数をメールにて通知してもらえるため、在庫管理の工数を大幅に削減できたようです。

在庫切れなどのリスクも解消

歯科医院を運営している「株式会社XLUTCH」では、グローブや麻酔液、ブラシなどといった医療用消耗品を自社倉庫にて管理しています。しかし、年に1度の棚卸の際に1点ずつ数えて、手書きによる管理を行っていたため時間と人手不足という課題がありました。そこで、棚卸作業を効率化するために、「SmartMat Cloud」を導入しました。導入後は、パソコンやタブレットで在庫管理を行えるようになり、在庫量も自動測定可能となったことでスタッフの負担も減ったようです。専用マットによる自動測定は、特に実用性の高いサービスだといえるでしょう。

提供形態

クラウド

SmartMat Cloudの口コミ・評判

在庫管理業務の効率が上がりました。これまでは大勢のスタッフが関わっていましたが、作業をする人数自体も少なくなりました。
時間は簡単に計算するといままで在庫管理にのべ月間20時間かかっていましたが、それが今は1/3以下になっていると思います。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/hospital/7754)

スマートマット導入後は、在庫が閾値を下回った時の社内アクションが格段に早くなりました。在庫数が閾値を下回った際、工程部門と調達部門へ品薄アラートメールが届く点に効果を感じています。ピッキング作業前に通知メールが飛びますので、品薄を事前に把握でき、日々頻繁に現物確認をすることもなくなりました。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/factory/7753)

在庫管理や発注業務の負担が減ることで、本来の業務である患者さんの対応に集中できるようなりました。さらに発注ミスをしてしまってないか、あの在庫はどうだっけといった心理的な不安要素も軽減されました。
なかでも最も便利で重宝しているのが「入荷管理」です。画面上で注文したものの入荷状況がクラウド上ですぐにわかり、1階や2階のパソコンでみんなで共有しています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/dentist/7750)

これまでの紙ベースの在庫管理・発注では不透明であったものが、スマートマットクラウド導入によりデータ化・可視化されたことで、実際の支出額を明確に把握できたことは、大変有益なことだと思っています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/hospital/7752)

発注作業による分析の中断がなくなりました。また分析を優先した際、後回しにしたはずの発注を忘れて、試薬の在庫が切れることもなくなりました。
データをみると、導入後は1年で212回分発注のFAX発注を削減できたことになります。1回FAXするのに約5分かかっていたので、212を掛けると年間約17時間ぐらいでしょうか。。
削減した時間で見るとわずかなものに感じるかもしれないですね。でも作業効率の面で見ると、分析という製品の品質に関わる作業に集中できるようになったので、その数字以上に効果があるものと思っています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/chemical/7750)

圧倒的な時間短縮ができているのを皆で実感しています。在庫チェックの時間が短縮できたことで、発注時間が確保できるようになり、おのずと発注ミスの防止にもなっています。
また、在庫変動データをグラフで確認することで、よく出るものと出ないものが目でわかるようになったので、余分に注文することもなくなり、在庫数の適正化ができたことも嬉しい効果として実感しています。
在庫不足や誤発注の不安もなくなったので、気持ち的にもラクになりましたね。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/factory/7749)

当院では消耗品以外にも物販在庫を抱えています。歯ブラシ1つとっても値段に幅があり、仕入れ価格が高いものは600円を超えるものも。これまでは物販在庫の数字が合わなくなることによって、経営的なダメージがありました。
デジタルで管理を始めたことによって、数字が狂うことがなくなり大変すっきりしました。
患者さんに販売する。スタッフが購入する。医師が購入する。ひとつひとつをデジタルで正確に管理することで、あやふやな面、曖昧な点がなくなりました。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/dentist/7748)

これまで歯科衛生士が中心になっていた在庫管理を、事務方のスタッフにも任せられるようになりました。
在庫管理は歯科衛生士にとって、最もストレスが大きく、時間も使う仕事。
採用が難しく人手不足になりがちな衛生士が抱えている地味な仕事をどうにかしてコンパクトにしてあげたい、という願いを叶えることができました。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/dentist/7746)

まず単純な業務時間の削減で考えると、製造現場の業務負担は月に24時間くらい、倉庫側の業務負担もそれに付随して月に10~15時間くらい削減できています。
単純に製造現場側・倉庫側で約40時間もの労力を削減できたというだけではなく、その削減できた時間を、より付加価値の高い製造・企画業務という〝本来の業務にあてることができるようになった〟という点は導入意義としては大きいと実感しています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/print/7745)

スマートマットクラウドを使った過剰在庫を防止する取り組みも進めています。従来は発注数量を、属人的かつ経験に基づき決めていた部分がありました。
スマートマットクラウドから在庫の消費データをエクセル形式で抽出できるので、解析ツールを使って適正在庫量を計算。欠品させることなく過剰在庫に陥らない数量で注文を出すことで、在庫量の適正化を目指しています。
定量的な効果にとどまらず、在庫点検や発注業務自体を引き継ぎしやすく誰でも在庫管理が簡単にできることも、スマートマットクラウド導入のメリットと感じています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/infrastructure/7743)

スマートマットを導入してからは、「発注もれ」というものがなくなりました。
今はまだ導入して数ヶ月なので試行錯誤はあります。徐々にもっと効率よくやっていけると思っています。
あとは院内でのコミュニケーションの変化ですね。
導入以前はいざ診療という時に、使うはずの歯科材料が切れてしまっていると、私が一言二言、スタッフに注意することがありました。
スマートマットクラウドを導入してからはそういったことがなくなり、医院の雰囲気が良くなったと私もスタッフも感じています。

引用元:SmartMat Cloud公式HP(https://www.smartmat.io/case/dentist/7742)

プラン・費用

プラン・費用は要問合せ

システムデータ

  • 会社名/(株)スマートショッピング
  • 住所/東京都品川区西五反田2-1-22 プラネットビル5/6F
  • 設立/公式サイトに記載なし

関連ページ

失敗しない在庫管理システム導入比較ガイド

在庫管理システムガイド
Crossma(クロスマ)(株式会社リベルタ)
Odoo(Odoo S.A.)
タテンポガイド(株式会社スマートソーシング)
楽楽販売(株式会社ラスク)
在庫らくだ(株式会社ビーエスエルシステム研究所)
Undershaft(株式会社Undershaft)
ゼータ(ゼータ株式会社)
Strawberry jam(イチゴクラウド)(Strawberry jams株式会社)
ApaRevo(株式会社大塚商会)
速販UX(速販C2)(株式会社サイオ)
Connected Linc(株式会社コネクテッド)
ExeQuint(株式会社センチュリーシステムズ)
まとまるEC店長(株式会社ブランジスタソリューション)
倉庫管理システム「Locus Mapping」(RFルーカス株式会社)
FA-CUBE(Smart mat)
zaicoban(株式会社オークファン)
flam(株式会社フリップロジック)
通販する蔵(株式会社ソフテル)
倉庫革命(ヤマトシステム開発株式会社)
SMILE V 販売(株式会社大塚商会)
W3 MIMOSA(株式会社ダイアログ)
ci himalayas(株式会社シーネット)
cloudsuite wms(インフォアジャパン株式会社)
楽商(株式会社日本システムテクノロジー)
みえぞう(株式会社ビッツ)
eee cloud(テービーテック株式会社)
USAC SYSTEM(Autoジョブ名人)(ユーザックシステム株式会社)
GLOVIA きらら(富士通株式会社)
マンハッタン・アソシエイツ(菱通ジャパン株式会社)
iwms(株式会社フレームワークス)
販売王(ソリマチ株式会社)
webWins(webWins(日本通運))
@WMS(富士通株式会社)
CROSS MALL(株式会社アイル)
在庫スイートクラウド(株式会社インフュージョン)
インターストック(株式会社オンザリンクス)
ZAICO(株式会社ZAICO)
futurestage(株式会社日立システムズ)
Tempostar(テンポスター)(NHN SAVAWAY株式会社)
ネクストエンジン(Hamee株式会社)
弥生販売(弥生株式会社)
Smart通販(株式会社大塚商会)
Goo2マネ(株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)
ONEsLOGI/WMS(日立物流ソフトウェア株式会社)
eシェルパモール(株式会社スクロール360)
EXPLANNER(日本電気株式会社)
オールイン(株式会社ビジネスバンクグループ)
GoQSystem(株式会社GoQSystem)
在庫のすぱいす(ウェルコムデザイン株式会社)
ホンダロジコム(ホンダロジコム株式会社)

機能とカスタマイズ性に注目 在庫管理システムの
おすすめ3選をチェック!