公開日: |更新日:

自動車

自動車を取り扱う会社における在庫管理システムの導入事例を解説します。

CASE1.車検・塗装・販売業

車検・塗装・販売業の導入事例を紹介します。

事例参照元:ブロードリーフ公式(https://www2.broadleaf.co.jp/customers/case/12004.html)

導入背景(課題)

従来の在庫管理に問題を感じていなかったものの、取引先からの依頼内容に在庫管理システムの利用が含まれていました。利用してみると従来の在庫管理よりもメリットを感じたので導入を決めました。

導入効果

委託在庫に限定して使用してみて、在庫管理システムの扱いやすさが気に入ったので、他の業務にも利用するようになりました。発注や問い合わせは電話やファックスで行っていたため、便利さを実感しているそうです。

事業における在庫管理の考え方

これまで人の手で行ってきた、発注や伝票の作成などの業務をシステムに任せられるようになりました。これらを従業員全員が利用できるようにすることで、さらに効率化を図ることができます。

CASE2.自動車部品の生産業

自動車部品の生産業の導入事例を紹介します。

事例参照元:NEC公式(https://www.nec-nexs.com/solution/case/kyowasangyo.html)

導入背景(課題)

各部署で部品の管理を行っていたため入力ミスや重複が起こり、在庫の確認に時間や手間がかかっていました。月末の決算では処理が間に合わず、報告が翌月末にもつれ込んでしまう状態。

導入効果

部品のコードなどを統一したので、各部署の入力・確認作業が減りました。在庫がすぐに確認できるので、在庫過剰になることも低減しました。また、月末決算のスピードが上がり、経営に活かしやすくなったそうです。

事業における在庫管理の考え方

各部署の間で在庫数の認識が異なると、業務が重複したりミスが増えたりします。また、決算処理が早くなることで、経営判断に関わる情報を早く報告できるようになったことからも、在庫管理の最適化は自動車業においても重要だといえるでしょう。

CASE3.自動車の内装・外装素材

自動車の内装・外装素材の導入事例を紹介します。

事例参照元:M.SOFT公式(https://www.msoft.co.th/casestudy/case06/)

導入背景(課題)

製品についているバーコードでは自社の採算工程と合わないため、カスタマイズできる在庫管理システムの導入を検討していました。

導入効果

入出荷などをバーコードで管理できるようになってミスが減ったそうです。

事業における在庫管理の考え方

初期費用を抑えながらも自社にあった在庫管理ができるシステムを探して、業務の改善に繋げました。

在庫管理システム選びで失敗しないためには、ビジネスや現場の課題に合わせて選ぶべきです。トップページで種類別に詳しく解説していますので、参考にしてください。