公開日: |更新日:

主な機能は?

在庫管理システムには様々な機能があります。業種によって必要とするものは違いますが、主な在庫管理システムに搭載されている機能や、オプション機能について解説します。

入庫・出庫に関する機能

入荷予定の商品と入荷された商品をロケーション毎の管理をしたり、伝票番号やバーコードを利用したりといったことができます。他にも、セット品と単品を分けての管理や、単価の登録や変更も設定も可能です。

また、「どこに、何が、何個」あるのかを簡単に調べられるので、ピッキング作業がスムーズになって時間の短縮にもつながります。返品管理機能があれば、返品にまつわる煩雑な作業も進めやすくなります。

マスター管理・在庫管理などの機能

仕入れ先や顧客のデータ、商品の単価や名称などの基本な情報のことをマスターといい、それらを一括で管理する機能がマスター管理機能です。

例えば棚の管理であれば「どの棚の何段目に商品が保管されているか」がわかりますし、小売業など分類が多い業種ならグループごとに分けたり、写真を添付して管理することで、似た品番の商品とのを防いだりもできます。

仕入れ先や顧客の情報についてはメモや備考欄があれば、項目にない個別情報も記載して社内で情報を共有することができます。仕入れ先や顧客の件数が多い場合でも、取引した日付やこれまでの取引回数で検索できる在庫管理システムもあります。

オプション機能一覧

基本的なシステムに追加できるオプションにも様々なものがあり、基本的な機能よりも充実しています。以下にいくつかピックアップしました。

販売管理

売れ筋の商品を確認したり、曜日や時間ごとの売り上げ情報を把握できたり、担当者別に見ることもできます。

在庫管理

ハンディーターミナル(宅配便や倉庫などで使用されている、データ入力や送受信などができる端末)と在庫管理システムを組み合わせて、棚卸や在庫状況を確かめられます。在庫が少なくなってきた商品を一覧にすることもできます。

作業の可視化と分析

在庫管理システムから得たデータをもとに、作業に必要な人数をシミュレーションしたり、作業が終わるまでにかかる時間を知ることができたりといったことができます。また、作業後のデータを集計して改善点を見つけ、作業効率を上げることも可能です。

在庫管理システム選びで失敗しないための方法は、トップページで詳しく解説しています。参考にしてください。