公開日: |更新日:

小売

取引先から仕入れた商品を販売する小売業では、在庫管理は大切な業務です。この記事では、小売業における在庫管理システムの導入事例を解説します。

CASE1.コンビニエンスストア

コンビニエンスストアの導入事例を紹介します。

事例参照元:アトムエンジニアリング公式(https://www.atm-net.co.jp/digipica/case/pick01.html)

導入背景(課題)

リストと比較しながらピッキングしていたのでミスや誤出荷が発生しており、ピッキング作業にとても時間がかかっていました。

導入効果

在庫を探しまわることがなくなり、社員だけでなくパート・アルバイトも出荷作業が可能に。表示器を見ながら作業するようになったので、ミスや検品作業が減りました。また、商品に対する知識がなくても作業効率に違いが出なくなりました。

事業における在庫管理の考え方

数千種類にも及ぶ商品を取り扱っているため、ピッキング作業はエリアごとに分かれています。表示器でエリアごとに管理することで、コンビニエンス業に適した在庫管理が行えるようになりました。

CASE2.ドラッグストア

ドラッグストアの導入事例を紹介します。

事例参照元:アトムエンジニアリング公式(https://www.atm-net.co.jp/shiwakedou/case/shiwake05.html)

導入背景(課題)

リストをみながら、一つ一つ商品の仕分けを行っていたので膨大な時間がかかっていました。

導入効果

仕分け作業がやりやすくなり、商品を探す手間がなくなりました。従業員一人が担当できる仕事の量は増えましたが、仕事に使う時間は短縮できています。

事業における在庫管理の考え方

商品をカテゴリごとに分けて管理して、さらに店舗ごとに分けることができるようになりました。表示器を利用しているので同時に仕分けられる商品数が増えて、作業の効率化につながっています。

CASE3.百貨店

百貨店の導入事例を紹介します。

事例参照元:アトムエンジニアリング公式(https://www.atm-net.co.jp/shiwakedou/case/shiwake06.html)

導入背景(課題)

これまで利用してきたシステムが老朽化してきたので見直しすることになりました。

導入効果

複数の従業員で仕分け作業ができるようになって、作業者の待ち時間が減りました。ハンディターミナルを活用した管理を行うようになり、注文数や従業員数によって臨機応変に対応できるようになりました。

事業における在庫管理の考え方

ハンディターミナルで商品を色分けし、同色のカゴ車に商品を仕分けすることで効率化できるようになりました。また、ハンディターミナルだけで店舗振り分けができるので、全体の作業時間が大幅に短縮しています。

在庫管理システム選びで失敗しないためには、ビジネスや現場の課題に合わせて選ぶべきです。トップページで種類別に詳しく解説していますので、参考にしてください。

CASE4.ネット通販

ネット通販の導入事例を紹介します。

参照元:株式会社インフュージョン公式サイト

導入背景(課題)

2007年立ち上げのネット通販が2012年に月商1,000万円を達成したことで、1日50件もの受注から出荷対応を行わなければいけない状況に。代表が1人で朝5時に出社しどうにか処理していましたが、何か手を打たなければならないのは明らかでした。

導入効果

在庫管理システム導入後は、適切な在庫管理を行えるようになり、在庫過多を解消できました。また導入前は1日に5~10回程度、スタッフと代表の間で在庫に関する確認を行っていましたが、導入後はスタッフのみで対応できるようになっています。

事業における在庫管理の考え方

在庫管理システムによっては、倉庫ごとの在庫やPOSレジの情報を別々に登録するタイプもあります。しかし別々に在庫管理してしまうと、全体の在庫状況を把握しにくいといったデメリットがあります。スタッフが販売業務へ力を入れるには、一括管理可能なシステムを選ぶことが大切です。